1. 彼に何でも話す女性は恋愛に失敗している。
 

彼に何でも話す女性は恋愛に失敗している。

2016/08/03
私のブログの読者さんなら、

もうわかっていると思いますが、

最近話題にしてなかったので、

再度アナウンスします。

恋愛にカケヒキは「必要」です。

まず、これで拒否反応がでる人は、

恋愛上手にはなれません。

断言します。

なれませんよ。

私たちって子どもの頃から、

親や教育でこう習うんです。

「嘘をついたらだめですよ」

「正直な人が良い人間なんだよ」

って・・・・

日本昔話なんて、いつもこのオチです。

貧しい正直者のおじいさんおばあさんがいて、

最初は苦労してるけど、正直だったから、

最後は神さま(的な何か)から、良い待遇をうけて、

お金持ちになって(幸せに)くらしましたとさ、おしまい。

うそやん(笑)

こと恋愛に関しては、正直者は幸せになんて

なってませんよ。

周りを見渡してみてください。

本当に正直な女性が、男性から愛されてますか?

むしろ逆じゃないですか?

あんなに性格悪くて、わがままで、

自分勝手で嘘つきなのに

男性が困ったなーって言いながら、

夢中になって追いかけたりしているケースのほうが、

断然多いですよ。

カケヒキ=嘘ではないんですが、

カケヒキが嫌いな人は、

馬鹿正直な人が多いので、
(ばかっていってごめん!)

このたとえを出してみました。

彼氏になんでもかんでも包み隠さず話して、

全部手の内見せてるんです。

手の内なんて見せたら、

男性は追いかけてこないんですよ。

女性は神秘の存在じゃないとダメなんです。

追いかけられたかったら、ですけども。

なぜ、神秘の存在でないといけないかは、

たおやかLOVEセオリーテキスト

に詳しく書いてあるんで読んでください。

これを読んだら、これまでいかに、

自分がしゃべりすぎていたかを

みなさん気づかれます。

また、それが原因で、

男性(夫)が追いかけてくれなかったのだ、

っていうことを理解されます。

この男女の秘密の法則を知ってないと、

結婚してからもなお、

追いかけてもらえる女になれないんです。

自分のことを話さないということも、

カケヒキのひとつなのです。

私が今まで見てきたケースで、

カケヒキしていない女性は、

大抵、恋愛につまづいています。

カケヒキせずにうまく行かせたいというのは、

食べたいけど痩せたい、っていってるのと

同じくらいムリがあることなんです。

痩せたいなら食べない。

食べたいなら痩せるのあきらめる。

両方はとれないんです。

恋愛上手になりたくば、

カケヒキを覚えてください。